ここから本文です

【英国】EU離脱派の過半数は「過激派」 英経済や雇用への打撃を肯定

8/3(木) 11:45配信

NNA

 ブレグジット支持者の過半数が、英経済に打撃を与えてでも欧州連合(EU)を離脱すべきと考えている――。インターネット調査会社ユーガブ(YouGov)の最新調査で、こうした傾向が明らかになった。
 調査は英国の成人4,918人を対象に、7月12~19日に行われた。この中で昨年6月の国民投票で離脱に投票した人のうち61%が英経済に深刻な打撃を与えてでもEUを離脱すべきと答え、ブレグジットと経済低迷は見合わないとする20%を大きく上回った。また「自分や家族が失職する事態になってもEUを離脱すべきか」という質問では、賛成が39%、反対が38%だった。これらの結果では、年齢層が高くなるほど賛成が増える傾向が見られた。
 一方、EU残留に投票した人に対する「英経済に深刻な打撃を与えてでもEUに残留すべきか」という問いでは、34%が賛成と答え、反対の38%と拮抗(きっこう)した。ユーガブは「離脱派と残留派、どちらにも“ブレグジット過激派”が存在しているようだ」と分析している。
 ただ、残留派で雇用への打撃を肯定したのは18%、「EU離脱による英経済への打撃を、離脱派に対する教訓と思うか」という質問に賛成したのは19%にそれぞれとどまっている。[労務]

最終更新:8/3(木) 11:45
NNA