ここから本文です

【レパードS】エピカリス主役は譲れない!5馬身差先着で態勢万全

8/3(木) 6:04配信

デイリースポーツ

 「レパードS・G3」(6日、新潟)

 エピカリスが国内復帰戦に向け2日、豪快な追い切りを行った。6月に米国三冠最後のベルモントS制覇を目標に渡米しながら、右前脚の爪に不安を発症し、出走できずに帰国。しかし、順調な調整で復帰戦は万全の状態で出走できそうだ。兵庫チャンピオンシップを勝ったタガノディグオ、ハルクンノテソーロなども動きは軽快だ。

【写真】米国では無念の“ドクターストップ”

 無念の出走取り消しに終わった米国遠征から2カ月。国内復帰戦に臨むエピカリスが、美浦Wで絶好の動きを披露した。

 南Aダートコースを軽いキャンターで1周して体をほぐした後でWへ。先行した僚馬ブラスロック(4歳500万下)を目標に、馬体をダイナミックに弾ませ、ゆったりとスピードを上げていく。4角で僚馬の内を回ったエピカリスは、右ムチが一発入れられるとスッと脚を伸ばし、並び掛ける間もなく5馬身引き離した。タイムは6F81秒1-38秒2-12秒6。

 調教を見守った萩原師は「動きは良かったです。時計や併せ馬で追ったことなど、予定通りの調整ができました」と思い通りの内容に合格点をつけた。

 米国三冠最後のベルモントSに照準を定め渡米。最終追い切り後に右前脚の爪に不安を発症し、最後まで調整を続けたものの出走はかなわず、傷心の帰国となった。

 競馬学校で輸入検疫を終えた後は、ノーザンファーム天栄で3週間の着地検疫を受けながら、レパードSへ向けた調整を続けてきた。7月20日に美浦へ帰厩後の追い切りは実質2本だが、萩原師は「馬体重を含めこれまでのレース前と変わりない感じで来ています。仕切り直しの一戦になるが頑張ってほしいですね」と仕上がりに自信を見せる。

 国内では4戦4勝と無敗。さらに3歳馬同士の一戦となれば、主役の座は譲れない。走りぶりが注目されるレースになる。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ