ここから本文です

健太郎が吼える!『デメキン』初映像解禁 主題歌はLEGO BIG MORL

8/3(木) 18:01配信

cinemacafe.net

健太郎、山田裕貴ら若手注目俳優を迎え、人気お笑い芸人「バッドボーイズ」佐田正樹の半生を綴った実録自伝の実写化に挑む『デメキン』。このほど、主題歌がロックバンド「LEGO BIG MORL(レゴ・ビッグ・モール)」の書き下ろし曲「一秒のあいだ」に決定し、特報映像とポスタービジュアルも解禁となった。

この記事のほかの写真

ギョロとした二重まぶただったことで幼少期からデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある日、“強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。やがて、かつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷしが強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていく。赤髪リーゼントがトレードマーク、小学校からの親友・厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。

中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラーメン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの日々を過ごしていた。ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(柳俊太郎)のことを思い返していた厚成は、正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。2人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛んな敵が待ち受けていて…。

9月23日スタートのNHK土曜時代ドラマ「アシガール」や10月28日公開の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』などに出演する、ネクストブレイク筆頭の逸材・健太郎さんが主人公・正樹を演じ、映画『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズや『闇金ドックス6&7』『亜人』など話題作への出演が続く若手実力派の山田さんと共演する本作。

このたび、健太郎さんの闘争心が剥き出しになった特報映像が解禁。彼が演じる正樹の殺気みなぎる表情、大乱闘シーンや福岡一のチームを作る覚悟を誓う様子をおさめており、ロックバンド「LEGO BIG MORL」が本作のために書き下ろした新曲「一秒のあいだ」が、よりいっそう疾走感を盛り上げる。併せて到着したポスタービジュアルは、真っ赤な髪に鋭い目つきでこちらを睨みつける健太郎さんの姿が強烈な印象を残す仕上がりとなっている。


今回の楽曲制作に寄せ、「LEGO BIG MORL」からは「ヤンキー怖い。でも作品を観せていただいた後、歌詞を書き下ろさせていただくその瞬間。僕らがやっているバンドとは族だなと気付いた。同じ志を持った仲間と傷つけ合いながら突っ走る。男なら誰もが憧れるものがこの映画にはある。しかし懐かしむわけではない。これはいまを描いた映画だ。これはいまを描いた歌だ。いまを生きるからこそ。その刹那の瞬間に命をかける姿は美しい」とコメントが到着。

また、メガホンをとった山口義高監督は「激しい風を感じて息遣いが荒くなった。そして走りたくなった。この楽曲の風は、佐田さんの原作で吹いていた風と同じだ。そして健太郎が映画『デメキン』の現場で巻き起こした風とも同じだ。けれども、窓の外に広がる街は平和で、安全で、のほほんで、刺激フリーで退屈だ。ここには風がある。『レゴ・ビッグ・モール』の風がある。皆さんの胸の中で吹き荒れる瞬間を待っている。僕はその日を待ち焦がれている」と、絶賛を贈っている。

佐田さんの自伝的小説・コミックを実写化した“本物”青春アクションであり、佐田さんと親交の深い芸人「水玉れっぷう隊」ケンと「野性爆弾」くっきーの友情出演も注目の本作。まずは、その迫力をこちらの映像から感じてみて。

映画『デメキン』は2017年冬、全国にて公開。

最終更新:8/3(木) 18:01
cinemacafe.net