ここから本文です

日ハム公式戦のリプレイ映像を自由視点で楽しむ、KDDIが実験

8/3(木) 11:00配信

Impress Watch

 KDDIと北海道日本ハムファイターズは、8月5日と6日、米4D REPLAY社のシステム「4D REPLAY」を使った実証実験を行う。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「4D REPLAY」は、撮影から5秒以内という短い時間で、5~10秒の自由視点映像を生成して、さまざまなカメラアングルで映像を楽しめる技術。今回の実験では札幌ドームで開催される日本ハムファイターズ対オリックス・バファローズの試合をカメラ100台で撮影する。一塁および三塁のダッグアウト上~ホームプレート後方のフェンスに沿って設置されるカメラが、打つ瞬間や、投球時にボールをリリースする瞬間を複数の角度から捉え、「4D REPLAY」によって好みの視点から映像を楽しめるようにする。

 球場内の大型ビジョンや、CS放送の「GAORA」で放映するほか、後日、運動通信社のネットメディア「SPORTS BULL」で配信される。

 あわせてKDDIでは、KDDI Open Innovation Fundを通じて、4D REPLAY社に対して出資を行ったと発表した。

ケータイ Watch,関口 聖

最終更新:8/3(木) 11:00
Impress Watch