ここから本文です

ネイマール、290億円移籍!さらばバルサ…パリSGへ クラブへ退団希望伝える

8/3(木) 6:05配信

スポーツ報知

 【マドリード2日=岡野誠子】バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)がパリSGに移籍することが2日、確実となった。クラブとの契約解除に必要な違約金は2億2200万ユーロ(約290億8200万円)に設定されており、昨季開幕前にユベントスからマンチェスターUに加入したフランス代表MFポグバの移籍金1億500万ユーロ(当時で約118億円)の2倍以上と、大きく上回る世界最高額となる。

【写真】メッシ惜別「君と一緒に過ごせたのは大きな喜びだった」

 バルサはネイマールがクラブ側に移籍希望を伝えたと発表。公式ツイッターなどで「バルベルデ監督はネイマールの練習不参加を認めた。監督は彼の将来を解決する許可を与えた」とし、退団を公式に認めた形だ。スペインとフランスの両メディアは「ネイマールがチームメートに別れを告げ、パリに行くことを伝えた」と報じた。パリSGは25歳ストライカーに3000万ユーロ(約39億3000万円)から3500万ユーロ(約45億8500万円)の年俸を保証しているとされる。

 母国ブラジルの名門サントスで2011年にリベルタドーレス杯を制し、南米クラブ王者となった。13年にバルセロナへ8820万ユーロで移籍。14~15年からはアルゼンチン代表メッシ、ウルグアイ代表スアレスと3トップで「MSNトリオ」を結成した。同シーズンで大会最多タイの10得点をマークした欧州CL、リーガ、国王杯の3冠達成に大きく貢献。在籍4季で15年のクラブW杯制覇や国王杯3度、リーガ2度優勝など多くのタイトルを手にした。しかし、昨季終了後に豊富な資金力を背景に大物選手の獲得に積極的なパリSGへ移籍が取りざたされていた。パリSGは15~16年までリーグ1を4連覇も昨季は2位。今夏は同じブラジル代表DFダニエウアウベスを獲得した。開幕戦は5日、昇格組のアミアンをホームに迎える。

 ◆約290億円あれば…

 ▽MLBのA・プホルスと大型契約(12年カージナルスからエンゼルスに移籍。10年約290億円)

 ▽世界一高いジェットコースターの建設費(2020年に米・フロリダ州に完成予定。150メートルを超える高さから落下)

 ▽高尺スカイドームの建設費(15年に開場した韓国初のドーム球場。2万近い座席は不便さなどから不評)

 ▽16年パラオの国内総生産(太平洋上のミクロネシア地域に浮かぶ島々からなる国)

 ◆ネイマール(Neymar) 1992年2月5日、ブラジル・サンパウロ州生まれ。25歳。2009年にサントスでプロデビュー。13年にバルセロナ移籍。代表は10年8月の米国戦で初出場。13年コンフェデレーションズ杯優勝など国際Aマッチ通算77試合52得点。五輪は12年ロンドン銀、16年リオで金メダルを獲得。175センチ、68キロ。

最終更新:8/3(木) 8:10
スポーツ報知