ここから本文です

“ボブという名の猫”が原作者におねだり、ジャパンプレミアに新津ちせも登場

8/3(木) 12:11配信

映画ナタリー

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」のジャパンプレミアが8月2日、東京・新宿ピカデリーにて行われ、原作者のジェームズ・ボーエン、同作に出演するボーエンの愛猫ボブが登壇した。

【写真】「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」ポスタービジュアル(他3枚)

本作は、イギリスのロンドンでプロのミュージシャンを夢見るも叶わず、ホームレスになってしまったジェームズと彼の前に現れた野良猫ボブの実話をもとにしたもの。ボブとの出会いについてボーエンは「2007年に移り住んだ建物の周りにいました。ケガをしていたので獣医に連れて行って治療し、飼い主を捜していました。そうしているうちに、ずっと自分のあとを付いて来るようになりました。それ以来、一緒に暮らすようになって11年になります」と振り返る。一方ボブは、イベントの最中もボーエンに餌をねだり、観客から「かわいい」と歓声を浴びていた。

ロンドンプレミアで、キャサリン妃と対面したボーエンとボブ。ボーエンは「社会復帰のさまざまなプログラムについて、お話しました。ボブと会ったとき、キャサリン妃はボブの耳の裏を掻いてくれて、それに対してボブもニャーと鳴きました。わざわざ自分たちの作品を観に来てくれたこと自体、光栄に思いましたし、僕たちにとっても特別な夜でした」と述懐する。

ボブの演技についてボーエンは「完全なる映画スターでした! 超プロでしたよ、撮影中ずっと! 最高の演技を現場で見せてくれました」とコメントすると、ボブはまたもやボーエンに餌をおねだりし、観客を和ませる。またボーエンとボブが、劇中でも描かれるハイタッチ披露すると、観客から拍手が起こった。

イベントには子役の新津ちせも登場。猫耳と尻尾を付けた新津は「映画の中のボブはすごくかわいかったです。すごくふわふわして、目がキラキラしていて賢かったです。音楽を聴いても逃げないんだなと思いました」とボブの演技を称賛した。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」は、8月26日より新宿ピカデリーほか全国にてロードショー。「トゥモロー・ネバー・ダイ」のロジャー・スポティスウッドが監督、「アタック・ザ・ブロック」のルーク・トレッダウェイが主演を務める。



(c)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:8/3(木) 12:11
映画ナタリー