ここから本文です

清水富美加 出家後初イベントで「熱唱」も頭抱えるテレビ局

8/3(木) 16:38配信

東スポWeb

 宗教法人「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加(22=法名・千眼美子)が2日、東京ドームで行われた同法人のイベントで、自身が出演する映画「さらば青春、されど青春。」(来年初夏公開)の主題歌「眠れぬ夜を超えて」を熱唱した。

 清水が出家後、公の場に現れたのはこの日が初めて。両肩がざっくり開いた白ブラウスにロングスカートでステージに登場すると会場からは大きな歓声が上がった。約4分30秒、観客のサイリウムに合わせて情感たっぷりに歌い上げ、会場は完全に“千眼ワールド”。清水はこの日のために週に3~4回、1か月半にわたってボイストレーニングに励んだという。

 歌い終わった清水は「まずはこのことから伝えさせてください」と切り出し「本当にありがとうございます」と感謝の言葉を口にした。続けて「応援してくださった方々のおかげでここに立てているとしっかりと自覚しております。映画の撮影も全力で励んでまいりたいと思います。これからはみなさまとともに一歩一歩進めてまいりたいと思います。今日は本当にありがとうございました」と涙ながらに話し、手を大きく振ってステージを後にした。

 清水は無事に大役をこなしたが、頭を抱えているのがテレビ関係者だ。

「一応、今回のイベントも放送はするでしょうけど、正直悩ましいんですよね。下手をすれば特定宗教の布教活動を支援する格好になってしまう。とはいえ、清水さんには話題性があるので、ニュースバリューはある。今回も『とりあえず資料用』として来たのですが、実際に放送するかはその都度判断していくしかありません」

 すでに8作品の映画出演が決まっているという清水。この日、自身のツイッターで「ありがとうございました。さすがに震えました。しかと胸に刻みました。」と投稿したが、清水の活躍はテレビ関係者にとって痛しかゆしといったところか。

最終更新:8/3(木) 16:38
東スポWeb