ここから本文です

タイトヨタ、バンコクにHa:moカーシェアリングを導入…チュラロンコン大学と協業

8/3(木) 18:30配信

レスポンス

トヨタ・モーター・タイランド(タイトヨタ)は、チュラロンコン大学と協業し、12月よりバンコクの同大学敷地内に超小型EVシェアリングシステム「Ha:mo」を導入すると発表した。

[関連写真]

Ha:moは、短距離移動に適した超小型EVを用いたワンウェイ・カーシェアリングシステム。トヨタは2012年の豊田市プロジェクトを皮切りに、東京、沖縄、岡山、仏グルノーブル市など、大都市や観光地、地方都市など様々な環境に同システムを導入。公共交通手段と目的地までを結ぶラストワンマイルの移動手段を提供し、快適な移動と環境にやさしいモビリティ社会の実現を追求してきた。

今回、タイトヨタ創立55周年、チュラロンコン大学創立100周年を記念する共同プロジェクトとして、新興国かつ大都市での渋滞や大気汚染等の交通課題の解決策を探るため、チュラロンコン大学敷地内へのサービス導入を決定。今後の新興国における1つのモデルケースとするべく、取り組みを進めていく。

同サービスでは、12月の開始時にトヨタ車体製の超小型EV「コムス」を10台導入。また、来年半ばには新たに20台を追加し、合計30台を用いる計画だ。ステーションは大学敷地と最寄り駅やバス停を結ぶ周辺に12か所設置し、33台分の駐車スペースを提供。うち10か所には充電設備も併設する。学生や教員関係者を中心に、地域住民の利用も想定。利用者は初回登録の後、都度、使用時間に応じた料金を支払う。なお、関連分野からスポンサー企業を募り、Ha:mo普及に向けて、官民学から広く事業のアイデアを募集し、新たなモビリティの形を追求していく予定だ。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8/3(木) 18:30
レスポンス