ここから本文です

イチロー、代打で空振り三振 チームは快勝

8/3(木) 11:49配信

デイリースポーツ

 「マーリンズ7-0ナショナルズ」(2日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(43)は七回に代打で出場し、空振り三振。守備には就かず、1打数無安打で打率を・229(131打数30安打)とした。

【写真】イチローとダルビッシュ、笑顔のツーショット

 7-0の七回2死一、二塁の好機に打席に立ったイチローは中継ぎ右腕のキンツラーと対戦した。1ボールから2球連続で見送った140キロ台後半のシンカーがストライクとなり、カウント1-2。低めの137キロスライダーをファウルにした後、5球目、ストライクからボールになる150キロシンカーにバットは空を切った。

 試合は、マーリンズの先発ウォーリーが開幕直前に解雇されたチームを相手に7回2安打無失点の快投を披露。守備陣の好守にも助けられ、移籍後初勝利を挙げた。打っては1番ゴードンが自己最長タイの13戦連続安打となる3安打3得点1打点。2つの盗塁も決めてシーズン40盗塁をマークした。