ここから本文です

東芝のメモリ新製造棟、SanDiskは投資せず

8/3(木) 13:35配信

EE Times Japan

東芝メモリ単体で投資を続行

 東芝は2017年8月3日、東芝メモリの四日市工場(三重県四日市市)で建設中の第6製造棟に関して、生産設備導入に対するSanDisk(サンディスク=Western Digital(ウエスタンデジタル)の子会社)の投資参加を協議中だったが、合意に至らなかったため、東芝メモリ単体で投資を続行すると発表した。

 東芝は2017年6月28日、第6製造棟について、

・第1期分の生産設備と第2期分の建設費用として、総額1800億円の投資を東芝メモリが実施
・第6製造棟に導入する生産設備に関して、米国SanDiskが投資に参加するかどうかをSanDiskと協議中

という2点を発表していた(関連記事:「東芝、四日市の第6製造棟に1800億円を投資」)。

 今回、SanDiskとの協議が合意に至らなかったため、生産設備に関しては東芝メモリ単体で投資を継続する。具体的には、第1期分として予定している、96層の積層プロセスを用いた3次元NAND型フラッシュメモリ用クリーンルームへの生産設備導入に対する投資を、単独で行うという。それに伴い、投資額を1800億円から1950億円へと増額した。生産設備の導入時期は、2017年12月を予定している。

2018年度には、3次元の比率を90%に

 東芝は、NANDフラッシュの3次元化を加速し、フラッシュメモリ生産量のうち3次元の比率を、2018年度には約90%とすべく、継続的な投資を実施するとしている。

最終更新:8/3(木) 13:35
EE Times Japan