ここから本文です

安彦良和、オダギリジョー主演映画「エルネスト」にイラスト描き下ろし

8/3(木) 18:44配信

コミックナタリー

安彦良和が、映画「エルネスト」に描き下ろしイラストを提供した。同イラストは映画のオリジナルポスターに用いられ、8月5日発売の前売り券に付属するクリアファイルにもデザインされる。

【写真】映画「エルネスト」前売り券特典のクリアファイル。(他1枚)

日本とキューバの合作映画「エルネスト」は、キューバの革命家チェ・ゲバラのゲリラ隊に参加した実在の日系人・フレディ前村を主人公にした物語。主演をオダギリジョー、監督と脚本を阪本順治が務め、10月6日に公開される。

このたびの描き下ろしは、安彦が過去に週刊マンガ世界の偉人(朝日新聞出版)でチェ・ゲバラとフレディ前村の関係を描いていたことから実現したもの。ティザーポスターをベースにしたイラストは、映画を鑑賞して感銘を受けたという安彦により2日間で描き上げられた。安彦は「自分が描いたゲバラのマンガの中のフレディと同様のストーリーを、阪本監督が映画化をしたと聞き、今回のお話しを縁と思い、ご一緒させていただきました」とコメントも寄せている。

安彦良和コメント
2012年に朝日新聞出版社から、「マンガ世界の偉人」というシリーズでチェ・ゲバラをマンガで書いてくれないかと言われました。
24Pの短編マンガでしたが、ゲバラはとても興味をもっていた人物でしたし、当時たまたま、そのゲバラと共に戦った日系人フレディ前村さんを知っていたので、ゲバラとフレディのかかわりという視点で物語を描きました。
それから5年が経ち、その時に自分が描いたゲバラのマンガの中のフレディと同様のストーリーを、阪本監督が映画化をしたと聞き、今回のお話しを縁と思い、ご一緒させていただきました。
映画は彼の医学生時代がメインで、フレディの青春映画としても楽しませて頂きました。
フレディ役を演じたオダギリジョーさんが日本人離れした容姿なので、見事に日系二世フレディを演じられていて、流暢なスペイン語も素晴らしく、さすがだと思いました。

(c)2017 "ERNESTO" FILM PARTNERS.