ここから本文です

英ブックメーカーはボルト有終Vが圧倒的人気 日本勢唯一オッズがついたのは…

8/3(木) 15:30配信

デイリースポーツ

 陸上の世界選手権は4日、英・ロンドンで開幕する。

 注目は“人類最速の男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)の個人としてのラストレースとなる男子100メートル。英ブックメーカーでは、ボルトの有終Vが圧倒的な1番人気。「ウイリアムヒル」は1・33倍、「bwin」も1・40倍、「ピナクルスポーツ」は1・383倍を付けている。人気は11年大会金メダリストのヨハン・ブレーク(ジャマイカ)、リオ五輪銅メダリストのアンドレ・ダグラス(カナダ、3日に欠場を発表)、リオ五輪銀メダリストのジャスティン・ガトリン(米国)、米国の新星、クリスチャン・コールマン(米国)の順に続いている。

 日本勢は出場するサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、多田修平(関学大)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の3人ともオッズはついておらず。なぜか個人種目で出場を逃した桐生祥秀(東洋大)の名前(ウイリアムヒル=201倍、bwinは301倍)があった。