ここから本文です

阪神、初回2死から5連打で4得点 先発岩田を援護

8/3(木) 18:38配信

デイリースポーツ

 「広島-阪神」(3日、マツダスタジアム)

 阪神打線が初回から爆発した。2死から5連打で一挙4得点を奪った。

 初回2死から3番・福留が右中間二塁打でチャンスメーク。続く4番・ロジャースが変化球を中前へ運び、先制点を奪った。

 さらに5番・中谷が三塁線を破る二塁打で再び2死二、三塁と好機を広げ、6番・鳥谷が左前へ2点適時打を放った。

 まだ終わらない。7番・大和は左打席から鋭い打球を二遊間へ転がした。これを二塁手の菊池が飛びついて捕球したが、一塁へ悪送球(二塁内野安打)して、二走の鳥谷が4点目のホームを踏んだ。

 8番・坂本は遊ゴロに倒れ、6連打とはならなかったが、2勝目を狙う先発・岩田に4点という大きな援護点をプレゼントした。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(日) 21:40