ここから本文です

斉藤由貴“W不倫”相手男性、指を絡めた恋人つなぎは「NYにいたので」

8/3(木) 16:25配信

スポーツ報知

 女優・斉藤由貴(50)の“W不倫”の相手とされる医師の男性が3日放送の日本テレビ系「ミヤネ屋」(月~金曜・後2時)の単独インタビューに応じた。医師と患者以上の間柄であると印象を与える“恋人つなぎ”については「ニューヨークで仕事をしていた」からであると弁明した。

【写真】斉藤由貴、中1の長男に「キショ」

 W不倫の報道について「文春砲ですか。キャッチコピーとしては秀逸。おもしろいですよね」と余裕を見せていた同医師。“恋人つなぎ”をしていたのは、ミニシアターで映画を見終わった後。「介抱しました。(斉藤が)ずっとふらふらしていてその部分でエスコートする形で」と説明した。

 ただ手を繋いだだけでなく指を絡めた恋人つなぎだったため「不倫と報道されても仕方ないのではないか」と指摘された。同医師は「そうは思いません。私は実はニューヨークで4年間仕事をしていましたので、そういった…」と言いかけたところでさらに「恋人つなぎをするのが米国では普通ということですか」と追求されると「恋人つなぎというのは言葉の綾」とだけ話し、煙に巻いた。

最終更新:8/4(金) 1:14
スポーツ報知