ここから本文です

『ソードガイ The Animation』来春、Netflixで世界同時配信

8/3(木) 23:59配信

オリコン

 2012年11月より月刊コミック誌『ヒーローズ』(ヒーローズ)に連載中の『ソードガイ 装刀凱』(キャラクターデザイン:雨宮慶太、原作:井上敏樹、作画:木根ヲサム)を原作としたアニメが、Netflix オリジナル作品『ソードガイ The Animation』として2018 年春に世界同時配信される。

【画像】原作の『ソードガイ 装刀凱』1巻書影

 数多の人の血を吸い、伝説となった武器は、時として命を持つ。体に武器を宿した人間が憎悪と殺意を抱くとき、殺戮のみを求める武装魔と化す。長きに渡り武装魔と対峙してきた組織「処史代」と、武器として生きる事を運命づけられた青年「凱(ガイ)」。武器に魅入られた人間たちと武装魔の、人類滅亡を賭けたダークファンタジー&アクション。

 漫画原作を手掛ける井上氏がシリーズ構成・脚本として参加するほか、日本有数のアニメスタッフを集め、ダークヒーロー&アクションの一大巨編として鋭意制作中にある。2日に、都内で開催されたNetflixの作品ラインナップ発表イベント『Netflix アニメスレート2017』では、井上氏のビデオメッセージが紹介され、「魔性の武器と一体化した少年が数々の戦い渦巻く残酷な運命へと引き込まれていく物語です。ぜひ日本だけでなく海外の人々にも楽しんでもらえたら」と、呼びかけていた。

 同アニメは、フィールズとディー・エル・イー(以下、DLE)が共同製作。DLE はキャラクターの開発、映像制作に加え、テレビ・スマホ・SNS など多様なメディアでコンテンツを展開し、高いバイラル効果を発生させる「ソーシャル・キャラクター・マーケティング」を強みとしている会社。一方、フィールズはキャラクターやストーリーなどのIP(知的財産)を中核に、漫画、映像をはじめ、ゲーム、遊技機に至る幅広い分野にクロスメディア展開を手掛けている。今作の国内・海外における映像展開に加え、今後はゲーム分野やマーチャンダイジング分野等、幅広いエンタテインメント領域へ、さらに取り組みを拡大していく予定だ。

最終更新:8/3(木) 23:59
オリコン

Yahoo!ニュースからのお知らせ