ここから本文です

桑折町産桃、仙台駅で販売 観光PRも

8/3(木) 9:15配信

福島民報

 福島県桑折町振興公社は2、3日の両日、仙台市のJR仙台駅の東西自由通路「杜の陽だまりガレリア」で町産の桃「あかつき」の販売と観光PRを繰り広げている。
 JR東日本東北総合サービス仙台支店が地域活性化支援の一環で取り組んでいる産直市「エキナカ市場」を仙台駅で初めて開いた。
 伊達政宗生誕450年にちなみ、伊達氏発祥の地である町の代表産品と観光PRを企画した。
 初日は昨年3月に完成した東西自由通路に設けたスペースで牧野善茂副町長ら職員らが桃や桃加工品「桃ふく」を販売した。町の観光キャンペーンクルー「スマイルピーチ」は観光パンフレットを配布し、献上桃の郷をPRした。
 桑折町振興公社の佐藤克彦事務局長は「最高品質の桃を堪能し、伊達氏発祥の地にぜひ足を運んでほしい」とアピールしていた。

福島民報社

最終更新:8/3(木) 10:01
福島民報