ここから本文です

奥会津の魅力 食で発信 10月末までフェア

8/3(木) 10:58配信

福島民報

 福島県内各地の飲食店や宿泊施設が奥会津産の食材を使った料理を提供する只見川電源流域振興協議会の「奥会津フェア」が2日、スタートした。10月末まで。
 8月の「南郷トマト」、9月の「奥会津金山 天然炭酸の水」、10月の「会津地鶏」と各月にメイン食材を設けた。期間はそれぞれ異なるが、全14店舗、施設が参加している。
 このうち、郡山市のホテルハマツは「コーヒーハウス トレール」で「ハンバーグステーキ 南郷トマトとグリュイエールチーズの重ね焼き」を提供している。同店人気のハンバーグにスライスした南郷トマトと、とろけるチーズをのせた。単品は1700円(税込み)、ご飯などとのセットは2050円(同)。
 フェアの問い合わせは事業を受託しているNPO法人素材広場 電話0242(85)6571へ。
 参加店、施設は次の通り。(★は南郷トマト提供店、施設)
 ★庄助の宿瀧の湯、★会津芦ノ牧温泉大川荘、牛乳屋食堂、リストランテパパカルド、★かんのや(会津若松)★ホテル&リストランテ イルレガーロ、ガストホフ虹の詩(北塩原)★ホテルリステル猪苗代(猪苗代)★藤龍館(下郷)★レストランゆきんこ(只見)★ホテルハマツ、★四季彩一力(郡山)★旅館ニュー扇屋、★双葉旅館(福島)

福島民報社

最終更新:8/3(木) 11:07
福島民報