ここから本文です

<特選アーカイブ>イスラム国(IS)の「首都」シリア・ラッカ内部 地下活動家に聞く(3) あいつぐ公開処刑(写真8枚)

8/3(木) 6:20配信

アジアプレス・ネットワーク

◆地下活動家に聞く IS支配地域住民は日本をどう見ている?

武装組織イスラム国(IS)は支配地域で公開処刑を繰り返してきた。反対勢力や、独自解釈したイスラム法に背いた者が対象だ。敵対分子、スパイ、強盗、同性愛者などとみなされた人を、町の広場で銃殺や斬首、投石によってあいついで処刑し、映像をネットで世界に公開してきた。IS が「首都」と称するラッカで、反ISの情報発信を続けてきたメディアグループ「ラッカは静かに虐殺される」の地下活動家、アルラッカウィ氏は、公開処刑の現場に足を運び、その実態を目撃した。2015年に起きた日本人人質事件では、ISは日本を「敵」とみなすと宣言。ラッカ市民はこのことを知っているのか、またそうならば、どう受けとめているのか。2015年2月のラッカ直接電話インタビュー記事を特選アーカイブとして掲載する。3回目。【聞き手:玉本英子】(全5回)

【関連写真を見る】ISには外国人義勇兵が加わる。クルド組織がIS戦闘員から押収したパスポートや身分証。

(※2015年初出のアーカイブ記事。情報等は当時のまま)

◆ISは処刑映像を頻繁に公開しています。実際に現場に行ったことはありますか? 週に一度、金曜日にやっていると聞きますが。

アルラッカウィ氏: 処刑を見たことはもちろんあります。ラッカでは金曜日と決まっているわけではなく、頻繁に行われています。ラッカ市内ではこの2か月だけで30人以上が処刑されました。

◆どういう理由で処刑されているのですか? 誰が処刑を決めるのですか?

アルラッカウィ氏:ラッカの裁判所が処刑を決めます。まず、イスラム国に反対する活動家は死刑です。市内の写真やビデオを撮っていようものなら殺されます。イスラム国にとって否定的なものを外部に伝えるということは、彼らにとってダメージをもた らすことになるからです。

もうひとつはイスラム国と戦っている相手です。自由シリア軍、ヌスラ戦線、アハラル・シャムなど、どんな組織であろうと、容赦な く処刑されます。あとは、ドラッグ(薬物)を取引したり、密輸したりすれば、これも処刑の対象となります。同性愛の場合も処刑ですが、その場合は高いビル の上から突き落として殺します。落としても、息があるようなら投石で殺します。既婚の女性、男性が姦淫をすれば、投石での処刑が行われています。

1/3ページ