ここから本文です

非常に強い台風5号が週末に南西諸島へ

8/3(木) 5:51配信

ウェザーマップ

 台風5号は非常に強い勢力を維持しながら日本の南をゆっくりと進んでいる。週末にかけては南西諸島で、来週にかけては九州や本州にも影響が出るおそれがあるため、最新の台風情報に注意が必要だ。

 非常に強い台風5号は、きょう3日(木)午前3時には日本の南にあり、1時間に10キロの速さで北北西に進んでいる。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は60メートルとなっていて、今後さらに発達して非常に強い勢力を維持しながら、4日(金)に南西諸島に近づくおそれがある。その後6日(日)以降は進路を北寄りに変え、週明けには西日本方面に近づくおそれがある。

 台風の接近にともない、大東島地方や沖縄本島では、次第に風が強まり、波が高くなりそうだ。うねりを伴った高波に警戒し、強風に注意が必要となる。

きょうは西日本で猛暑 関東や東北太平洋側は平年より気温低い

 きょうは、西日本では晴れて気温が上がる所が多くなりそうだ。35℃以上の猛暑日となる所もあり、熱中症に警戒が必要となる。
 きのうは、日中25~27℃までしか気温が上がらなかった関東や東北の太平洋側は、きのうと同じか2~3℃高いものの、きょうも冷たい北東風の影響を受けて、気温が低い状態が続く見込み。

■きょうの予想最高気温
鳥取・熊本    36℃
大阪・松山・福岡 35℃