ここから本文です

高原を夏色に彩るヒマワリ8万本 岡山・真庭の蒜山で見頃

8/3(木) 11:01配信

山陽新聞デジタル

 ヒマワリに埋もれて―。真庭市蒜山中福田の観光施設「ひるぜんジャージーランド」で、ヒマワリ約8万本が見頃を迎えた。夏空に映える黄色の花が高原を彩り、観光客らの目を楽しませている。

 上蒜山の麓に広がる放牧地の一部約70アールが、高さ約1・5メートルに成長したヒマワリでいっぱい。畑の中央には遊歩道があり、カップルや家族連れが風に揺れる花の道を散策し、夏の思い出を写真に収めていた。

 夫婦で訪れた女性(64)=大阪市=は「山の緑と花の黄色のコントラストがきれい。元気に咲く姿からパワーをもらった」と話していた。

 施設を運営するJA蒜山酪農が5月下旬に種をまいた。例年より1週間ほど遅い7月22日ごろから花が開き、29日に咲きそろった。ピークは8月6日ごろまでという。