ここから本文です

広陵ナインを広島県知事が激励 県庁で式、甲子園での健闘誓う

8/3(木) 20:19配信

山陽新聞デジタル

 第99回全国高校野球選手権大会(7日開幕)に広島県代表として出場する広陵高野球部の激励式が3日、県庁であり、夏の甲子園で初の日本一に挑むナインを湯崎英彦知事が鼓舞した。

 選手、監督、校長ら23人が出席した。3年ぶり22度目の出場に湯崎知事は「全国に誇れる実績。(トーナメントを)勝ち上がって、皆さんの格好良い姿を県民に見せてほしい」とナインに言葉を掛け、「闘志」の文字を直筆したしゃもじ(縦60センチ、横20センチ)などの記念品を贈呈した。

 チームを代表し、3年の岩本淳太主将(18)は「県代表としての自覚を持ち、野球ができることへの感謝を忘れず、日本一を目指し、一戦必勝で頑張ります」と宣言した。

 ナインはこの日、宿舎のある大阪に入った。4日は午前8時から甲子園練習があり、午後4時から行われる組み合わせ抽選会で初戦の相手が決まる予定。