ここから本文です

JFEHDの17年度設備投資、前年度並みの2300億円

8/3(木) 6:06配信

鉄鋼新聞

 JFEホールディングスは2017年度の設備投資額(連結、工事ベース)を16年度実績(2347億円)とほぼ同じ2300億円とする計画だ。上工程の設備更新をはじめとする製造基盤整備を着実に進め、コスト競争力と安定供給体制を強化する。

 対象となる案件は国内での設備投資。全体の約9割を占めるJFEスチール(連結)は前年度比3・4%減の2100億円の計画。継続案件となる東日本製鉄所千葉地区(千葉市)の第6コークス炉B団のパドアップ(18年完工予定)、同製鉄所京浜地区(川崎市)内の「JFE扇島火力発電所」の発電設備1基の更新(19年完工予定)、製鉄所のシステムリフレッシュなどを進める。

最終更新:8/3(木) 6:06
鉄鋼新聞