ここから本文です

あなたは、毎年「お中元」を贈っていますか?

8/3(木) 12:30配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。8月2日の「社会人意識調査」のテーマは「あなたは、毎年『お中元』を贈っていますか?」。はたして、その結果は……?

Q.お中元、贈っていますか?

はい  23%
いいえ 77%
(回答数:392票)

◆「はい」派の意見
「昔から贈ってくれる方がいたので、社会人になってからは自分が贈っています」
(東京都 25歳 男性 会社員)

「結婚してから贈るようになりました。しかし、お中元、お歳暮、両親の誕生日と、贈り物が絶えなくてちょっとしんどいです。この前、実家に帰ったときにお中元の希望を聞いて渡しました。贈り物を何にしようか考えるのも手間だけど、日頃の感謝の気持ちと思い、贈り続けています」
(大阪府 31歳 女性 その他)

「毎年贈っています。日頃の感謝も込めて、あとはまた一緒にお仕事しましょうということも含めてます」
(東京都 32歳 男性 会社員)

◆「いいえ」派の意見
「贈ったことも、いただいたこともないです」
(宮城県 23歳 男性 会社員)

「お中元も年賀状も、なるべく贈らないでおこう感が漂っている職場です。助かってます」
(京都府 27歳 女性 会社員)

「贈ったほうがいいのかな、と以前は迷っていましたが、大嫌いな同僚が社長に贈っているのを知って迷いすらなくなりました」
(茨城県 36歳 男性 会社員)

番組リスナーの投票による結果は「はい」が23%、「いいえ」が77%と、お中元を贈っているという人は2割ほどにとどまりました。近年では、お中元などの個人間の贈り合いを禁止すると明言している会社も多く、そんな影響もあってかこのような割合の低さにつながったのかもしれません。

【お中元は時代とともに廃れつつあるのか?】
男女別で見てみると、「はい」と答えた人の割合が男性では26.1%、女性では18.5%と男女間でおよそ8%ほどの開きがありました。これはやはり男性が仕事関係のつながりが多いということを表しているのでしょうか。また、世代別で見てみると、世代が上がれば上がるほど「はい」と答えた人の割合は増えていきます。夏に届く日本の原風景のひとつでもあるお中元ですが、時代とともにだんだん失われつつあるのでしょうか。

(TOKYO FM「Skyrocket Company」2017年8月2日放送より)

最終更新:8/3(木) 12:30
TOKYO FM+