ここから本文です

マツダがCX-5(CX5)とアテンザの全機種に先進安全技術を標準装備して発売

8/3(木) 12:51配信

オートックワン

CX-5とアテンザに『i-ACTIVSENSE』を標準搭載

マツダは、2017年8月3日、マツダ CX-5とマツダ アテンザの全機種にマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、発売することを発表した。

>>このニュースの画像を見る

i-ACTIVSENSEとは、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術の総称。衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティに加え、認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートするアクティブセーフティ技術で構成されている。

今回CX-5とアテンザに標準搭載されたのは、認知支援技術の「先進ライト」と「車線逸脱警報システム」に関する装備群。具体的には下記の機能が標準搭載される。

■アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)

■AT誤発進抑制制御[前進時](AT車のみ)

■先進ライト CX-5「20S」「25S」「XD」、アテンザ「20S」「XD」:ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC) 上記を除く全機種:アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

■車線逸脱警報システム(LDWS)

■ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)

■リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)

■スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)(AT車のみ)

■リアパーキングセンサー(センター/コーナー)

■ドライバー・アテンション・アラート(DAA)(アテンザのみ)

最終更新:8/3(木) 12:51
オートックワン