ここから本文です

女児3人暴行 会社員に罰金10万円 千葉簡裁

8/3(木) 9:36配信

千葉日報オンライン

 神社の祭礼で女児3人が男に暴行された事件で、千葉区検は2日、暴行容疑で逮捕されていた銚子市愛宕町、男性会社員(32)を略式起訴した。千葉簡裁は同日、罰金10万円の略式命令を出し、男性会社員は即日納付した。

 起訴状などによると、先月22日午後7時半ごろ、東庄町内の路上で、稲生神社の祭礼見物にきていたいずれも当時千葉県内の中学1年女児(12)と妹の女児(5)、小学4年の女児(9)の頭を拳で殴ったり平手打ちしたなどとしている。3人ともけがはなかった。