ここから本文です

震災復旧現場の窃盗疑いで新たに6人逮捕 被害額計1500万円

8/3(木) 10:42配信

福島民友新聞

 相馬地方や宮城県で東日本大震災に伴う復旧工事の事務所などを狙った窃盗事件で、県警捜査3課と相馬署などでつくる合同捜査班は2日までに、盗みの疑いで相馬市、配管工、容疑者男(21)ら男6人を新たに逮捕した。合同捜査班は、計11人による92件、約1500万円の被害を確認したとして一連の捜査を終結した。
 21歳容疑者男のほか逮捕されたのは、相馬市、団体職員、男(22)、宮城県丸森町、会社員、男(27)、犯行当時少年だった相馬市の会社員(20)、相馬市の会社員少年(19)、宮城県丸森町の少年(18)の5容疑者。
 逮捕容疑は、2016(平成28)年6~9月、宮城県の自動車整備工場や使われなくなった店舗兼工場から、工具類や高圧洗浄機など(計35万5000円相当)を盗んだ疑い。

福島民友新聞

最終更新:8/3(木) 10:42
福島民友新聞