ここから本文です

関西スチールフォーム、来期 鉄筋加工月7500トンへ

8/3(木) 11:18配信

日刊産業新聞

 関西スチールフォーム(本社=大阪市西淀川区、田中勲社長)は来期(2018年9月期)、鉄筋の加工量については今期実績見込み比約25%増の月間平均で7500トンを計画している。このうち、ネジ節鉄筋の精密切断(Tヘッド向けの前処理加工を含む)は今期並みの月間平均で500トンを維持していく。今年5月には端部定着の認定を再取得しており、これを背景に受注を強化し、Tヘッドで月間1万2000本の加工を目指す。

最終更新:8/3(木) 11:18
日刊産業新聞