ここから本文です

山口中央高生が県議会の議場など見学 山口市

8/3(木) 13:41配信

宇部日報

 県議会や選挙について学ぼうと、山口中央高新聞部の7人が2日、県庁内の県議会本会議場や旧県会議事堂を見学した。今年度から、中・高生などを対象に県議会が受け入れており、同高で3校目となった。生徒たちは今後、内容を校内新聞としてまとめる。

 本会議場では柳居俊学議長が、知事や県議、報道関係者の座席が決まっていることなどを説明。生徒たちは、初めて入る議場の独特な雰囲気に興味津々だった。旧県会議事堂では、5月臨時会の議事録を元に模擬議会を体験。知事、議長、県議役を決め、議案を読み上げるなどした。その他、選挙で投票することの大切さや、議会の仕組み、役割についても説明を受けた。

 模擬議会の知事役を担当した生徒は「県庁には初めて来たし、本会議場のような施設があるのに驚いた。来年の知事選には18歳になるので、勉強して一票を投じたい」と意気込んだ。

最終更新:8/3(木) 13:41
宇部日報