ここから本文です

【MLB】本塁打じゃないの? キャッチ→体ごと“柵越え”、驚愕美技は「確実に捕球」

8/3(木) 21:35配信

Full-Count

ジャクソンの超美技が絶賛浴びるも、体ごと“柵越え”は本塁打ではないのか…

 1日(日本時間2日)のレッドソックス-インディアンス戦で飛び出した超美技が、米国で大きな話題となった。インディアンスのオースティン・ジャクソン外野手が、ハンリー・ラミレスのホームラン性の打球をスーパーキャッチ。そのままフェンスを越えて、フェンウェイ・パークの右中間にあるブルペンに落下したのだ。

【動画】最後は体ごと“柵越え”…ジャクソンが打者呆然の驚愕キャッチ

 ただ、ジャクソンは空中で捕球後に体ごと完全に“フェンスオーバー”となったため、ホームランになるのではないかとして、ファンからは判定に対する疑問の声も上がった。実際に、レッドソックスのジョン・ファレル監督もチャレンジしたが、判定は覆らなかった。ルール上、このスーパーキャッチは“成立”するのだろうか。

 驚愕のキャッチは、インディアンスが7-5と2点をリードして迎えた5回に飛び出した。レッドソックスの攻撃で、先頭のラミレスが放った打球がセンター右へとグングン伸びる。そのまま1点差に迫るソロ本塁打になるかと思われたが、センターのジャクソンがジャンプ。体を目いっぱい伸ばし、フェンスオーバーしてブルペンに飛び込もうとしていた打球をもぎ取った。

 そして、勢い余ってそのまま体ごとブルペン側へと落下。右手でフェンスをつかみ、バランスを取りながら落ちたため地面に叩きつけられることはなかったものの、体は完全に“柵越え”。ただ、ボールは確かにグラブに収められており、ジャクソンは立ち上がって捕球をアピールし、判定はアウトとなった。

 米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「これから目にするであろう最高の捕球の内のひとつを、オースティン・ジャクソンが成し遂げた」と特集し、「めちゃくちゃだ。フェンスを飛び越え、ブルペンに落ちるような捕球は本来マイナーリーグで見られる。 ここ一番の場面でジャクソンがこのようなことを行ったのは、非常に素晴らしい。そして、このキャッチを我々は何年間も忘れないだろう」と絶賛した。

1/3ページ

最終更新:8/3(木) 22:13
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/24(金) 3:40