ここから本文です

自・民 国対委員長が「初」会談

8/3(木) 21:36配信

ホウドウキョク

自民党の森山新国対委員長が、民進党の山井国対委員長と、就任後初めて会談した。
民進・山井国対委員長は「国民の関心はやはり稲田前大臣にも、ぜひ真実を語っていただきたいということがあると思うので、ぜひご検討いただきたい」と述べた。
自民・森山新国対委員長は「現場でいろいろ協議が進んでいるようなので、それをしっかり見させていただきたい」と述べた。
3日の会談は、森山氏の国対委員長就任のあいさつとして行われたもの。
会談で、民進党の山井氏は、南スーダンPKO(国連平和維持活動)の日報をめぐる問題を受けて、稲田前防衛相の国会への参考人招致や、内閣改造を受けて、早期の臨時国会の開会をあらためて求めた。
これに対し、森山氏は「とりあえず承る」と述べ、両氏は4日にあらためて国対委員長会談を開催して、今後の日程を協議することを確認した。

画像つきで記事をみる

最終更新:8/3(木) 21:36
ホウドウキョク