ここから本文です

「仕事人内閣だ」安倍首相、会見で強調

8/3(木) 22:32配信

ホウドウキョク

安倍首相は内閣改造を行い、新たに総務相に野田聖子元総務会長(56)、外相に河野太郎前行革相(54)を起用し、記者会見で、今回の改造の布陣について、「仕事人内閣だ」と述べた。
第3次安倍再々改造内閣は、19人の閣僚のうち、13人が新たに入閣する大幅な改造となった。
このうち、閣僚経験者は7人にのぼる。
一方、初入閣は6人で、2012年の第2次安倍内閣発足以降の改造では、最少となった。
注目された岸田外相の後任には、河野太郎前行革担当相が就任した。
安倍首相と距離を置いてきた野田聖子元総務会長は、総務相として入閣した。
また、南スーダンPKOの日報問題をめぐり辞任した稲田元防衛相の後任に、小野寺 五典元防衛相(57)が就任した。
また、支持率急落の一因になった加計学園問題の関連では、所管する文部科学相に林 芳正元農水相(56)が入閣した。
安倍首相は、今回の改造内閣を「仕事人内閣」と強調し、信頼の回復と経済最優先で取り組む考えを示した。

画像つきで記事をみる

最終更新:8/3(木) 22:32
ホウドウキョク