ここから本文です

夜空を彩る5000発 5日、横須賀で開国花火大会

8/3(木) 8:11配信

カナロコ by 神奈川新聞

 夏の横須賀を代表するイベント「開国花火大会」が5日、同市平成町の横須賀新港周辺で開かれる。ペリー来航150周年を記念して始まり、ことしで15年目。午後7時15分スタートで、尺玉やスターマインなど約5千発が夏の夜空を彩る。うみかぜ公園や三笠公園、米海軍横須賀基地で観覧できる。

 うみかぜ公園内に市民協賛観覧席を設置。1席2千円で2500席(イス席、全席自由)用意され、当日午後4時までチケットぴあなどで販売される。

 花火大会開催に伴って、交通規制も実施。三笠公園の周辺の一部が午後5時、京急線県立大学駅周辺の一部が午後6時からそれぞれ午後10時まで車両通行止めとなる。

 大会の様子はインターネット上の動画共有サイト「ユーストリーム」でも生中継される。うみかぜ公園から撮影してリアルタイムで発信し、会場に足を運べない人にも楽しんでもらう。配信動画は終了後30日間、同サイト内で視聴可能。市公式サイト内の「よこすかムービーチャンネル」にリンクがある。