ここから本文です

阪神、ドリスのセーブ失敗で痛恨ドロー 12回の好機も活かせず、自力V消滅

8/3(木) 22:52配信

ベースボールキング

広島 5 - 5 阪神
<17回戦 マツダスタジアム>

 上位対決は総力戦の末、5-5の引き分け。3点リードを守れなかった阪神にとっては痛いドロー。同時に自力優勝の可能性が消えた。

 阪神は初回、4番ロジャースの適時打で先制すると、6番鳥谷が2点適時打、7番大和も適時内野安打で続き、一挙4点を奪った。先発の岩田は6回途中2位失点と粘り、2番手・桑原、3番手・マテオの好救援も光った。

 しかし、5-2の9回に登板した守護神・ドリスが誤算。先頭から連続安打を浴びると、一死一、二塁から、代打・松山に右前適時打を許し2点差。なおも一、三塁から、代打・西川にも右中間への適時打を浴びると、三塁走者に続き、同点となる一塁走者の生還まで許した。

 ドリスはサヨナラのピンチこそ凌いだが、1イニングに4安打を集中され3失点。まさかのセーブ失敗で、岩田の今季2勝目はお預けとなった。

 阪神は延長10回に登板した5番手・岩崎が、2イニングを無失点。12回表は途中出場・大山の三塁打で勝ち越しのチャンスを作ったが、一死三塁から俊介、原口が立て続けに凡退した。その裏は高橋、松田と小刻みにつなぎサヨナラ負けは阻止。しかし逃げ切りに失敗した阪神にとっては、痛すぎる引き分けとなった。

BASEBALL KING