ここから本文です

優太と泰晟、流経大柏は宮本姓のダブルボランチが準決勝で黙々と役割全う

8/3(木) 22:09配信

ゲキサカ

[8.3 総体準決勝 流通経済大柏高 1-0 前橋育英高 ひとめぼれスタジアム宮城]

 宮本優太主将(3年)と宮本泰晟(3年)。同じ宮本姓を持つダブルボランチのプレーを流通経済大柏高の本田裕一郎監督は「ボランチ2人が良かった」と讃えていた。

 昨年のインターハイで優秀選手に選出されている宮本優が「(前橋育英高は)田部井涼だったり注目されている選手が多い中で自分が負けないことと言ったら守備しか無いので。いつも以上に神経研ぎ澄ましてやれたと思います」とピンチの芽を体ごと潰しに行くディフェンスを見せれば、相手の司令塔である田部井涼をマンマークする役割を担った宮本泰も「キーマンになる選手にボール入ったら潰す勢いで仕事させないこと」と運動量多く走り続けて相手のキーマンに自由なプレーをさせなかった。

 ともに守備能力の高さに期待されているダブルボランチ。今年幾度かコンビを組んでいる2人だが、流経大柏の2年半で歩んできた道のりは異なる。宮本優が1年時から学年リーダー、2年時にはチームの主軸の一人になっていたのに対し、宮本泰は最終学年になった当初もBチームにいた選手だ。

 だが、練習試合などで結果を残してきた宮本泰は守備面などでアピールを続けて信頼を獲得。Aチームに抜擢され、今回のインターハイでも準々決勝、準決勝と先発フル出場した。主将でPKキッカーも務める宮本優に注目が集まりがちだが、本田裕一郎監督が「ギャーギャー声出してやるタイプではないですけど、黙々と自分の仕事をするタイプ」と分析する宮本泰は目立たない部分でチームを支えて勝利に貢献。本人も「前半はちょっとうまく行かなかったんですけど後半は自分なりには仕事させなかったかなと」と自己評価していた。

 宮本泰にとって宮本優は信頼できるチームメートであり、負けたくない存在だ。「プレースタイルも似ていて優太が注目されやすいんですけど、自分も負けないという意志で毎試合毎試合やっています。自分は球際の強さと守備は本田監督からも褒められているので真ん中で受けて展開力を上げたい」とよりレベルアップしていくことを誓っていた。

 決勝の対戦相手は日大藤沢高に決定。決勝でも「相手のキーマンを潰したい」という宮本泰が「もう一人の宮本」とともにチームの攻守を高め、勝利でインターハイを終える。

最終更新:8/3(木) 22:09
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報