ここから本文です

マツダ、CX-5とアテンザの安全装備を充実 政府推進の「安全運転サポート車」に該当

8/3(木) 17:00配信

carview!

マツダは、SUV「CX-5」と「アテンザ」のセダン/ワゴン全車に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、3日に発売した。

【拡大写真を見る】

CX-5とアテンザは、これまで「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」(自動ブレーキ)やAT誤発進抑制制御などの安全装備を搭載していたが、今回の機能の充実で新たに先進ライト技術「ハイビーム コントロール システム」と「車線逸脱警報システム」が追加された。

新搭載のハイビーム コントロール システムは、30km/h以上で走行中に対向車や先行車がいない場合に、ヘッドライトを自動で上向きに切り替え、夜間の視界確保をサポートするもの。

もうひとつの車線逸脱警報システムは、フロントガラスに設置されたカメラで車線を認識し、車両が車線を踏み越えそうになった時にドライバーに注意を促すもの。

これらの安全装備が従来技術に加えて追加されたことで、CX-5とアテンザは政府が推進する「安全運転サポート車」の「セーフティ・サポートカーS」の最高レベル「ワイド」をクリアする。セーフティ・サポートカーSは、安全運転サポート車のうち、特に高齢ドライバーに推奨される技術を搭載したものだ。

さらに2モデルには、車線変更時などに斜め後方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」や、駐車場で後退しながら出る際などに接近する車両を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート」も搭載された。

価格は、CX-5が249万4800円から352万6200円。アテンザ(セダン/ワゴン)は279万7200円から400万1400円。

株式会社カービュー

最終更新:8/3(木) 17:00
carview!