ここから本文です

米ヤム・ブランズ株が下落、けん引役「タコベル」の勢いに陰り

8/3(木) 22:43配信

Bloomberg

ファストフードチェーンを展開する米ヤム・ブランズでは、成長のけん引役である「タコベル」の勢いに陰りが見え始めている。

同社が3日発表した4-6月(第2四半期)決算によると、タコベルの既存店売上高は4%増と、伸びはアナリスト予想(5.9%増)を下回った。他の事業「KFC」、「ピザハット」と比べればなお力強いが、両事業の既存店売上高は市場予想を上回った。ヤム・ブランズは昨年に中国事業を分離して以降、タコベルに大きく依存しており、今回の発表はそうした状況に懸念を生じさせる内容だ。

決算発表後、米株式市場ではヤム・ブランズ株が下落。一時2.3%安となった。

原題:Taco Bell’s Star Begins to Fade at Yum as Sales Underwhelm (1)(抜粋)

Craig Giammona

最終更新:8/3(木) 22:43
Bloomberg