ここから本文です

米アップル株、上場来最高値-新型iPhoneの強い需要を好感

8/2(水) 23:58配信

Bloomberg

2日午前の米国株式市場でアップルの株価は上場来最高値に上昇した。同社が前日示した7-9月(第4四半期)の売上高見通しは、年内に新型の投入が予想される「iPhone(アイフォーン)」需要の根強さと、アップストアなどサービス事業の重要性が増していることを示唆した。

アップルの株価はニューヨーク時間午前10時46分現在、前日比4.3%高の156.54ドル。一時は6.5%高の159.75ドルまで買い進まれた。新型アイフォーンは通常、9月中旬か下旬に発売され、数週間分の売り上げが7-9月期に含まれる。一部のアナリストは高級機種の新型アイフォーンの発売が遅れるとの懸念から予想を引き下げていたが、アップルの見通しはそうした懸念を払拭(ふっしょく)させた。

1日発表の資料によると、7-9月期の売上高は490億-520億ドル(約5兆4100億-5兆7450億円)の見通し。アナリストの予想は491億ドルだった。

原題:Apple Soars to Record After Signaling Resilient IPhone Demand(抜粋)

Alex Webb

最終更新:8/2(水) 23:58
Bloomberg