ここから本文です

全米デビューから30周年を迎えた松居慶子、アコースティック・プロジェクトでライヴを開催

8/4(金) 16:16配信

CDジャーナル

 全米デビューから活動30周年を迎えたコンテンポラリー・ジャズ・ピアニストの松居慶子が11月23日(木)、24日(金)に東京・丸の内COTTON CLUBにて公演を行ないます。

 松居慶子は5歳からピアノを始め、1987年に『A Drop of Water(水滴)』で全米デビュー。マイルス・デイヴィスのコンサートにスペシャル・ゲストとして迎えられ、パティ・オースティン、チャカ・カーンらとも共演。2000年より2年連続で全米スムース・ジャズ賞最優秀女性アーティスト賞を受賞し、2002年には米大統領の歓迎レセプションに出席。さらに2004年には日米交流150周年記念外務大臣表彰を受けるなど、世界を舞台に活動しています。

 昨年始動したアコースティック・プロジェクトでリリースした『Journey To The Heart』は全米コンテンポラリー・ジャズ・チャートで初登場1位を獲得。今回のライヴは、松居の新基軸となったこのアコースティック・プロジェクトを率いてのステージとなります。座席の予約は8月5日(土)より受付開始。詳細はCOTTON CLUBのオフィシャル・サイトをご覧ください。

最終更新:8/4(金) 16:16
CDジャーナル