ここから本文です

東儀秀樹、雅楽とカフェ・ミュージックを融合させたアルバム『Hichiriki cafe』を発表

8/4(金) 16:16配信

CDジャーナル

 デビュー20周年を迎えた2016年には1年間で3タイトルのアルバムをリリースするなど、精力的な活動で可能性を広げ続ける雅楽師の東儀秀樹が、伝統的な雅楽とカフェ・ミュージックを融合させたアルバム『Hichiriki Cafe』(UCCY-1081 3,000円 + 税)を8月2日(水)にリリース。

 本アルバムには、ジャズの有名なスタンダード・ナンバーや自身のオリジナル、アコーディオン奏者cobaのオリジナル、そして映画『君の名は。』で知られるRADWIMPSの「なんでもないや」のカヴァーも収録。中学校などで雅楽について講義することもある東儀は、「若い世代にも雅楽器に親しんでいただくためにはポップスを演奏するのがいちばん」と語っています。

 また、今年で4年目を迎える〈TFC55 LEVEL4 東儀秀樹×古澤巌×coba〉全国ツアーが8月5日(土)山梨 身曾岐神社を皮切りにスタート。“TFC55”は、それぞれの分野で新しいチャレンジを続ける東儀とヴァイオリニストの古澤 巌、cobaの3人がコラボしたユニットで、今年のツアーでは全国24公演が開催されます。このツアーでも『Hichiriki Cafe』からの楽曲が多数披露される予定です。

最終更新:8/4(金) 16:16
CDジャーナル

Yahoo!ニュースからのお知らせ