ここから本文です

【中国】中古車販売、今年も1千万台の大台超えか

8/4(金) 11:30配信

NNA

 自動車産業の標準化や完成車の検査・試験などを手掛ける中国国有研究機関の中国自動車技術研究センターはこのほど、今年の中古車販売台数が1,000万台を超過するとの予測を明らかにした。中国では昨年中古車販売が初めて1,000万台の大台に達している。3日付経済参考報が伝えた。
 中国自動車流通協会によると、上半期(1~6月)の販売台数は前年同期比21.5%増の583万7,100台だった。金額ベースでは3,895億9,200万元(約6兆4,000億円)に上った。
 同協会の肖政三秘書長は上半期の中古車市場動向について「2000年代に入り最も伸びた半年間」と評価し、その背景に自動車保有台数の伸長や地方政府による他地域車両の流入制限の撤廃、税制改革などがあるとの見方を示した。
 専門家の間では将来的に中古車が新車を上回る市場規模に拡大するとの見方も出ているが、競争激化に伴う経営状況の悪化、市場の地域格差といった課題も多い。

最終更新:8/4(金) 11:30
NNA