ここから本文です

【香港】HSBC、バックオフィス部門を分離へ

8/4(金) 11:30配信

NNA

 英金融大手HSBCは来年上半期(1~6月)中に、香港に新会社「匯豊環球服務(香港)」を設立する。香港に置くグローバル部門や、オペレーション・サービス・テクノロジー(HOST)部門などのバックオフィス部門に属する従業員を新会社に異動し、フロントオフィス部門と分離させる。信報など3日付香港各紙が伝えた。
 香港当局の要求に基づく措置となる。香港では、銀行に対し危機に陥った場合の再生計画を求める香港版の再建・破綻処理指令となる「金融機構(処置機制)条例」に基づいて確立された銀行の危機予防メカニズムが先月7日に発効した。HSBCはこの新たな管理政策に沿って、フロントオフィスとバックオフィスを分離する香港第1号の銀行となる。
 HSBCでは新会社の設立について、コスト削減や業務のアウトソーシング、リストラを目的としたものではないことを強調。新会社に配属される従業員は、所属先が変わるだけで、雇用条件や給与に変更はないとした。
 再編の対象は、HSBCの香港業務のみで、アジア太平洋エリアでの業務や、グループ傘下の香港地場銀、恒生(ハンセン)銀行は含まれないと説明した。

最終更新:8/4(金) 11:30
NNA