ここから本文です

わずか230日で終了したソシャゲが“伝説”と呼ばれるまで 「セブンズストーリー」その数奇な歴史を辿る

8/4(金) 19:10配信

ねとらぼ

 あの「セブンズストーリー」が帰ってくる――。今からおよそ1年前、Cygamesの新作タイトル発表会「Cygames NEXT 2016」の中で、それは突然発表されました。

【画像:今見ても衝撃的すぎたモバゲー版】

 わずか1年弱でサービスは終了したものの、一部カルトユーザーから熱狂的な支持を得た伝説のゲーム「セブンズストーリー」。果たして「セブンズストーリー」とは何だったのか、なにがそこまでファンを惹きつけたのか。モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人であり、当時の熱狂を知る1人でもある「怪しい隣人」さんにあらためて振り返ってもらいました。


●なぜこれほど待ち焦がれる人がいるのか?

 来る2017年8月9日、あるアプリが配信されることが決定しました。

 その名は「セブンズストーリー」。少数の、しかし熱狂的なファンがこのゲームの配信を待ち望んでいました。このゲームの名前をどこかで小耳に挟んだ方も多いと思います。

 なぜそんなにこのゲームを待ち焦がれる人がいるのでしょうか。このゲームがたどってきた数奇な歴史を、そして皆の思い入れる理由を少しばかり紹介したいと思います。


●「これは久々に大物が釣れた」

 2013年。モバゲーやGREEといったプラットフォームで配信されるゲームがまだまだ多かった時代。そんな中、定期的にいかにもダメそうなゲームを探して新着ゲームを探すのが私の趣味でした。

 当時は「ゲームをプレイさせるために招待メッセージを送る」という形式がまだまだ残っていました。そして単純なゲーム性のゲームもまだまだ多かったことから、人におすすめしてすぐダメだと分かってもらえるゲームを探し、それを人に送って反応を楽しむという趣味の悪い遊びができたのです。

 そんな日々を過ごしていた10月13日、これはというゲームが見つかりました。

 そのゲームの名前は「セブンズストーリー」。ラクガキみたいなイラスト。一昔前のホームページ作成ソフトで作ったようなタイトルロゴ。飾り気も何もないHTMLそのままとしか思えないゲーム画面。

 これは久々に大物が釣れたと思いました。

 2013年は今でも生き残っているアプリが多数公開された年です。「魔法使いと黒猫のウィズ」「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」「チェインクロニクル」「ブレイブフロンティア」「モンスターストライク」など、タイトルを挙げるだけでも錚々(そうそう)たるアプリがそろっています。

 こんなゲームが出始めて、そろそろブラウザゲーの立ち位置はヤバイのでは? と思われていたころにこのラクガキです。

 正気か? と思いました。

 そして私はまともにプレイもせず、そういうゲームを楽しむ仲間たちにバンバン招待を送り、Twitterでこのゲームについてつぶやきました。このインパクトだけで十分楽しんでもらえるだろうと思いましたし、私も十分楽しめたからです。

 しかし、それから数十分後、招待を送ったり私のつぶやきを見てゲームを始めた人たちが普通にプレイを続けているのです。

 「……何か判断を誤ったのか?」

 そう思った私はあらためてプレイを開始しました。


●盛り付けが料理の全てではない、が……

 いやあ、もったいない。それが第一印象でした。

 ガチャで引いたラクガキみたいな絵のユニットをマス目に配置して、将棋のように駒を進めながら戦うタクティカルRPG。それが「セブンズストーリー」の主なシステムです。

 そのシステムをチュートリアルで説明してくれるのですが、これが引っ掛かりなくプレイできてとても分かりやすい。よくソーシャルゲームだと「チュートリアルは飛ばしたい」という話がありますが、そんなイライラ感は一切ありません。

 このイライラ感のなさの大きな理由は、プレイ中の読み込みがほとんどない、あるいは感じられないところにあります。先も書きましたがこれはアプリではなくブラウザゲーなわけで、その状態で読み込みのストレスを感じずプレイできるというのは相当すごいことだと思います。

 そんな調子でゲームそのものもサクサクと進んでいきます。そこで気付くのですが、戦闘の合間合間に挟まれるストーリーが実にしっかりしたものなのです。

 これはリメークを控えている以上、どうなるのか分からないのでちょっと書けないのですが、タイトルの「セブンズストーリー」にはちゃんと意味がありますし、気が付けばこのラクガキみたいなキャラクターたちに感情移入するぐらい物語はきっちりと存在しています。

 先にも書きましたがこの年は「チェインクロニクル」がリリースされており、ソーシャルゲームもカードを集めてポチポチするだけではなく、ストーリーを読ませる作品が増え始めていました。

 そんな中、シミュレーションRPGとして手軽に軽快に遊べ、しかもお話も面白い。そんな作品に一部の人がハマっていくのはムリもないことでしょう。

 また、当時まだまだ現役だった農業ゲー要素も含まれており、ギルドの面々と庭でにんじんを育てることで、プレイヤーのサポートキャラとなるウサギを育てることができたりと、本編以外のおまけ要素も豊富でした。

 さらに、ゲーム内に見つかる問題点は定期的に改修、改良されていることにプレイしていると気付かされます。そんなところもますますファンの心をつかんでいくのです。

 残念ながらごく一部の人しかハマらなかったのは、やはりその絵やデザインの放つマイナス方向のアピールもあったかと思います。

 ただ、一応頑張って改定しようとはしていたのです。先のタイトル画像に比べると、途中から明らかに絵のクオリティーは上がっていました。ただ、元の味を生かそうとしているのか、ちょっとましになった程度にしか見えないのが最大の難点でした。とはいえガラッと変えると全てのデザインを変えることになるし、難しい問題だったと思います。

 単発200モバコイン、10連2000モバコイン(1モバコイン≒1円)でレア確定という、世間の一般的なガチャからすればやや安い方の課金ガチャが実装されていましたが、似たようなお金を払うと著名なイラストレーターさんの描く美麗なキャラクターが排出されるゲームもあったわけです。盛り付けが料理の全てではありませんが、かと言って盛り付け方次第では誰も食べてくれない。そんな事実を教えてくれる作品でした。


●約半年で終了……そして復活へ

 結局セブンズストーリーは翌年2014年の5月末に終了を迎えます。230日、約半年ちょっとという短い命でした。

 そんな中、開発会社のWITHは新作「ペットモ☆アイランド」の告知を行いました。捲土(けんど)重来に期待するファンたちでしたが、それからしばらく、何の音沙汰もない日々がしばらく続きました。

 半年がたった2014年12月。突然Cygamesが開発会社の買収を発表しました。

 驚愕(がく)しました。ソーシャルゲーム業界トップクラスの企業と言っていいCygames。2014年には「グランブルーファンタジー」をリリースし、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。そんな会社があの「セブンズストーリー」の会社買って何するんだ一体、何を作らせるんだ一体と一部はざわめきましたが、やはり音沙汰はありません。

 2015年3月に会社名をWITHからWithEntertainmentに変更し、会社の公式サイトを一新するものの、これまたゲームの進捗に対する言及はありませんでした。このままこの会社とゲームは忘れ去られていくものだと思っていました。

 時は過ぎ2016年8月。

 突然セブンズストーリーの公式サイトができました。しかも当時の絵をドーンとトップに乗せてカウントダウン開始。カウントダウンの終了日はCygamesの新タイトル発表会の日。これはきっと何かが来るに違いない。

 そして迎えたCygamesの新タイトル発表会。

 完全にリメークされたイラスト、CVのついた新たなキャラクター。美麗なユーザーインタフェース。足りないと思われていたものを完全に補った「セブンズストーリー」がやってきました。

 ニコニコ生放送で中継された発表会。声優さんたちが舞い踊るステージに挟まれたそのゲームを不可解な目で見ていた方も多かったと思います。ですが、それを見て大喜びしていた人たちは間違いなく存在していたのです。

 ですがもちろん、外見の変化に伴って当時の軽快さが失われるのではないかという心配もあります。2017年5月に実施された先行プレイ会のレポートを見ていると、追加された要素の豊富さに「ちょっと待って」と言いたい気分になってきたりもしました。

 ですが、いろいろあってもコアのシステムは変わっていないようで、何よりニンジン育てる要素がしっかり残っている時点で「ああ、セブンズストーリーなんだなあ」という気分になれました。

 入り口のもろもろの問題点から多くのユーザーに触れてもらえず、不幸な終わりを迎えたセブンズストーリー。今回はもう少し多くのユーザーに触れてもらえれば。そんな期待を込めながら、筆を置かせていただきたいと思います。

最終更新:8/4(金) 19:10
ねとらぼ