ここから本文です

大学喫煙所に「放置タバコ空箱ランキング」 順位ごとに秀逸コメント、清掃職員の切実な思い

8/5(土) 7:00配信

withnews

 静岡大の工学部などがある浜松キャンパス(浜松市)の喫煙所に掲示されたランキングがツイッターで話題です。その名も、喫煙所に放置された、たばこの空き箱を調査した「放置タバコ空箱ランキング」。個数の多かった1~10位を空き箱だけでなく、捨てられ方のコメントを添えて紹介。その秀逸な内容も注目を集めています。大学に経緯を聞くと、清掃をしている職員の切実な思いがあったようです。

【写真】3位は「柱のカゲに放置するチキンハート」 コメント秀逸な放置タバコ空箱ランキングをすべて紹介

「論文書けそう」「観察眼が素敵」

 大学によると、掲示されていたのはキャンパス入り口にある喫煙所です。ツイッターで投稿された写真には、ホワイトボードに「この喫煙所にはゴミ箱を設置していません。タバコの吸殻以外のゴミは持ち帰り、お近くのゴミ箱へお入れください」と書かれ、その下に空き箱の銘柄を集計したランキングが載っています。

 ランキングは個数以外に、捨てられ方などの特徴をとらえたコメントが載っています。例えば3位の空き箱は「柱のカゲに放置するチキンハートの持主」、8位の空き箱は「夏になってから追い上げてランクイン」。「ハードパック以外も含むフィルターギリギリまで喫煙する」(6位の空き箱)といった細かい観察によるコメントもあります。

 ランキングによると、今年4月中旬から約3カ月にわたって放置された空き箱は、47銘柄148個。この掲示を撮影したツイートは2万5千近いリツイートを集め、「コレで論文書けそう」「観察眼が素敵」などといったコメントもされています。

大学は知らず…、反響の大きさに撤去

 大学によると、このランキングを掲示したのは大学の清掃を担当しているパート職員だということです。これまでも貼り紙などで空き箱を捨てないよう啓発していたそうですが、なかなか減らないためこの職員の判断で設置したそうです。

 しかし、大学側が把握しておらず、反響も職員が「想定外」とするほど大きくなってしまったため、この掲示は3日に撤去されました。大学側は「一生懸命に働いている職員なので、喫煙所をきれいにしたいという思いがあったのだろう」と話しています。

最終更新:8/5(土) 8:50
withnews