ここから本文です

【K-1】モハン・ドラゴン「拳が粉砕骨折しても、鼻が折れても戦い抜く」

8/4(金) 17:37配信

イーファイト

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』に出場する、元MA日本スーパーライト級王者モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾)が8月4日(金)所属ジムにて公開練習を行った。

【フォト】練習中にバナナで栄養補給してさらに練習を続けるモハン

 かつて空手とK-1で活躍した師匠・村上竜司塾長の指導の下、ミット打ち、サンドバッグ蹴り、チューブを使ったトレーニングなどを披露したモハン。インターバルの間も毎回ローキックを蹴られ続ける休みなしの公開練習で、瞬く間に全身汗でびっしょりとなった。

「コンディションは万全です。練習メニューは普段やっているものと同じで、身体をいじめまくる練習です。見せられない秘密特訓もあります。試合でつらくなる以上の練習を毎日すれば、リングの上でつらくならないと塾長がよく言っています」と、相当ハードな練習を積んでいる模様。

 ローキックを蹴られまくることにより、「もう効かない。ヘビー級の上原誠に蹴られても効かなくなりました」と耐久性が上がったと話した。

 1回戦では第4代Krush-67kg王者・渡部太基(Golden Globe)との対戦が決まり、「彼はモハンと同じくらい盛り上げる選手。ガンガン前へ出てきて一歩も下がらない」と評するが、「トーナメントは誰が相手でも関係ない。練習している秘密兵器もあります。(決勝まで)3人ともKOして優勝することしか考えていません。判定で勝つことは考えていません」と、誰が相手でもKOするだけと言い放つ。

「モハンは今まで空手のトーナメントで4回優勝しています。拳が粉砕骨折しても、鼻が折れても考えずに戦いました。先のことは考えず、1試合1試合のことしか考えずにやります。そうしないと試合が盛り上がらない。盛り上がらないで優勝しても意味がないと思っています。それがモハン・スタイル」と、トーナメントには慣れており、1試合ずつ完全燃焼するという。

「ネパールでも盛り上がっています。私はネパールと日本の両方の国から応援されているので、他の選手の倍頑張れます。K-1は夢の舞台で、K-1がなかったら私は今ここにいません。そのK-1のベルトを夢ではなく手に入れたいです」と、アツい想いを語る。

 また、「バナナを食べないと練習が出来ない」とインターバル中にもバナナを頬張り、「1日20~30本は食べます。おかげで猿のように飛べます。今回はモハン・モンキーでいきます」とバナナパワーでの優勝を誓った。

最終更新:8/4(金) 17:37
イーファイト