ここから本文です

エクセルソフト、米Realmとパートナーシップ契約

8/4(金) 15:44配信

BCN

 エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、米RealmとValue Added Reseller契約を結び、同社のiOS、Android、Xamarin、React Native向けデータベース「Realm Mobile Database」に加え、「Realm Object Server」とのスムーズな統合を提供する「Realm Mobile Platform」を8月3日に日本国内で発売した。

 Realm Mobile Databaseは、SQLiteやCoreDataなどの組み込みデータベースの代替となる技術。オープンソースソフトウェアとして開発されたモバイルデバイス向けの無償データベースで、メモリ効率が良く、高速に動作する。iOSとAndroidの両方をサポートし、Xamarinにも対応するクロスプラットフォームのデバイス上で動作するデータベースとなっている。

 Realm Mobile Platformは、このRealm Mobile Databaseに加え、複数のデバイス間とのリアルタイムの同期、コンフリクトの解決、イベントハンドリングといったサーバーサイドと連携するRealm Object Serverとのスムーズな統合機能を提供するバックエンド製品。これにより、リアルタイムの共同編集やメッセージアプリ、オフラインで使いながらオンラインになったら同期する、といった複雑な機能を簡単に実装することができる。また、デバイス単体にデータを保存するだけでなく、複数のデバイスでデータを同期し、サーバーサイドで変更したデータを各デバイスに配信することが可能となる。

 Realm Mobile Platformのラインアップとしては、開発者が無償で利用できる「Developer Edition」を提供するほか、エンタープライズ向けには、Developer Editionの機能に加え、有償サポートプランを含むAPIブリッジ、サーバーサイドアクセスの統合を提供する「Professional Edition」、また、Professional Editionにデータ統合APIや100万ユーザー以上の同時接続を実装するエンタープライズレベルのスケーラビリティと可用性を提供する「Enterprise Edition」を用意している。

 価格は問い合わせ。対象のアプリの数と1日あたりのアクティブユーザー数ベースとなる。

最終更新:8/4(金) 15:44
BCN