ここから本文です

今すごく良い感じ!結婚24年目、ヒロミさんと伊代さんのラブラブの秘訣とは?

8/4(金) 11:56配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

芸能界のおしどり夫婦と言えばタレントのヒロミさんと松本伊代さん。1993年に結婚してもう結婚24年目。ヒロミさんは一時期テレビから消えてた時期もありましたが、再ブレイクできたのも伊代さんの支えがあったからこそ。そんな二人がずっとラブラブでいられる秘訣とは?

【詳細】他の写真はこちら

伊代さんからの3つの約束で再ブレイク
テレビ番組「サワコの朝」では伊代さんから3つの約束を守ってくれと言われたとのこと。ヒロミさんは結婚後芸能界の仕事がなくなった時期に、まだトガっていたのか「頭を下げてまででるもんじゃない」と、ひたすら遊びほうけていたそうです。しかしテレビに復帰し始めた2014年頃に、伊代さんから「感謝」「謙虚」「作り笑顔」の3つの約束を守るように言われたとのことです。「パパは顔が怖いからいつもニコニコしているように、怒っちゃダメよ。昔みたいなじゃないんだから」と言われたよう。「作り笑顔」はまた伊代さんらしいですが、ヒロミさんに限らず社会人になれば誰でもいつも心から笑顔、ってワケにはいられませんよね。その伊代さんとの約束のお陰で現在はテレビでまた活躍できるようになった、と妻に感謝する場面も。

子育ては伊代さんに任せきり
またベスト・ファーザー賞の授賞式に出席したヒロミさんは「何もしてないのに、なんでパパなの」と伊代さんに言われたことを暴露。「それぐらい子育てはママに任せきり。僕は遊び担当みたいな感じで、遊びを通して子どもと接しています。ママが日々いろいろなことをやっているので、父親としては50点もらえたらいいかな」とのことです。親子の関係は「仲もいいしふざけるし、先輩後輩みたいな感じ。反抗期もないし、ぐれたりもしていない」と、良好なよう。「あとはママに変な口をきくな、ママには優しくしろ、とも言っています」と、そのラブラブっぷりも垣間見られるインタビューに。

出された食事は文句を言わずに食べるタイプ
グルメ大試食イベントではヒロミさんは「僕は出てきたものを食べるというのが基本なんですけど、出てくるものが出てくるものなので…。でも基本的に僕は食べられれば大丈夫なタイプです。じゃないと結婚生活がままならないので」と、伊代さんが作った手料理は何でも食べるということを語っていました。それもヒロミさんの優しさからなのでしょう。ただ最近は「もうちょっと腕をあげようか。ちゃんとレシピを見ようか」ともアドバイスし、「本人もちょっとやる気を出しています」と嬉しそうに語っていたということ。

妻の尻に敷かれているワケでもなく、お互いが楽しく夫婦生活を丁度いいバランスで送っているという印象のヒロミさん夫妻。それも伊代さんの天然っぷりと懐の深さにあるのかもしれません。「面白いんですよ。今すごく良い感じなんですよ」と語っていたヒロミさん。夫婦生活は熟してくるほど素敵なものに変わっていくということを証明してくれる二人でした。