ここから本文です

【台湾】マイクロプラ製品、来年から製造・販売禁止

8/4(金) 11:30配信

NNA

 台湾行政院(内閣)環境保護署(環保署)は3日、環境汚染が問題視されているマイクロプラスチックを原材料に含む化粧品や衛生用品について、6分類を対象に来年1月1日から台湾での製造と輸入を、7月1日から販売をそれぞれ段階的に禁止すると発表した。
 規制対象となるのは◇洗髪用品◇化粧落とし・洗顔料◇ボディーソープ◇せっけん◇スクラブクリーム◇歯磨き粉――の6分類に該当する製品。環保署によると、マイクロプラスチックは洗い流された後に河川や海洋に流入し、生分解性を持たない上に微小なため回収することも困難とされる。欧米諸国などでは近年、マイクロプラスチックによる海洋汚染への関心が高まっており、洗顔料やボディーソープなどへの使用を規制する方向にあるという。
 環保署廃棄物管理処の李宜樺科長によると、来年からは規制の適用に伴い、業者に対する検査も実施する。対象製品の違法な製造と輸入が発覚した場合は6万~30万台湾元(約22万~110万円)の、違法販売が確認された場合は1,200~6,000元の罰金がそれぞれ科される。

最終更新:8/4(金) 11:30
NNA

Yahoo!ニュースからのお知らせ