ここから本文です

村田「疑惑の判定」リベンジだ!エンダムと再戦 10・22完全決着

8/4(金) 6:04配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(10月22日、両国国技館)

 ボクシングの帝拳ジムは3日、都内で会見し、12年ロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBA同級1位の村田諒太(31)=帝拳=が10月22日に東京・両国国技館で、王者アッサン・エンダム(33)=フランス=と再戦すると発表した。世界初挑戦となった5月20日の王座決定戦は、ダウンを奪いながら1-2の判定負けを喫し、「疑惑の判定」と物議を醸した。2度目の世界戦へ、村田が完全決着で世界王座獲得を誓った。

【写真】村田-エンダム戦の判定に「怒りと不満」 WBA会長も異例の再戦要求

 パリから空路駆けつけた王者と並んでの会見は穏やかな雰囲気の中で行われた。村田は「友情が芽ばえていると思うから、再戦は気持ち的にやりやすいものではない。ただ、リングでは殴り合う」と、互いにリスペクトし合う関係を強調した。

 村田にとって世界初挑戦は試金石でもあった。「それまで彼のような世界トップレベルの選手と試合をしたことがないので、通用したことが大きかった。自分を信じられるようになった」と、世界レベルにいる手応えをつかんだ。そして「前回の試合は評価していただいた。唯一、手元にないのがベルトなので持って帰りたい」と意気込んだ。

 4回にダウンを奪い、攻勢に見えたが1-2の判定負け。「疑惑の判定」で敗れたことについても「何か言うつもりはない」と、試合直後からの姿勢は変えない。その上で「ファンが望むのは完全決着。それができれば一つ上のステージにいける。次は逃さない」と、明白な形での勝利を誓った。

 前回の反省点を「チャンスで詰め切れなかった。彼の回復力をリスペクトし過ぎて、スタミナを抑えてしまった」とした。慎重だった立ち上がりについても「(体が)硬いうちにパンチをもらってもよくないし、今回もある程度様子は見ていく。1ラウンドに僕の出したパンチは3発でしたっけ?次は10発は出します」と笑顔を見せた。

 浜田剛史・帝拳代表は「前回やろうとしていたことは全部できた。今回は完全決着をつけなきゃいけないので、前回の練習プラス、ノックアウトを狙いに行く練習をする」と話し、パンチに磨きをかけていく。

 村田は本人を前に「エンダムには感謝している。強い相手との試合が今の自分をつくってくれた」と話した。再戦のリングで、さらに進化した村田諒太を見せつけるつもりだ。