ここから本文です

トヨタが産学連携を加速、運転手の心筋梗塞や運転中のコミュニケーションなど研究

8/4(金) 7:10配信

MONOist

 トヨタ自動車は2017年8月2日、米国の研究拠点である先進安全技術研究センター(Collaborative Safety Research Center, CSRC)において、新しい5カ年プログラム「CSRCネクスト」の技術研究を開始したと発表した。北米の8つの研究機関と協力し、11件の研究プロジェクトを進める。3500万ドル(約38億円)の規模で、自動運転やコネクテッドカーの先進技術の安全性について研究していく。

 CSRCネクストでは、先進技術が交通安全に与える影響や、人間とクルマの相互の関係について重点的に取り組む。具体的なテーマとしては、自動ブレーキなど予防安全技術と衝突安全技術の統合、人間の感覚に合った先進技術の開発、ドライバーの状態を推定するための生体センシング、実環境に即した運転データを研究できるアルゴリズムやツールの開発を挙げている。

 CSRCは2011年に設立し、23の大学と協力して44の研究プロジェクトを進めてきた。発表した論文は200件以上。CSRCネクストでは、TRI(Toyota Research Institute)やTCNA(Toyota Connected North America)による研究を引き続き支援していく。

最終更新:8/4(金) 7:10
MONOist