ここから本文です

シメオネ、リヴァプールやバイエルンと「同レベル」の質を見せたチームの仕上がりに満足

8/4(金) 15:29配信

GOAL

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、ここまでのプレシーズンにおけるチームの仕上がりに満足感をあらわにしている。

アトレティコは今夏バイエルン・ミュンヘン主催のアウディ・カップに参戦。初戦でナポリを2-1と破り、決勝でリヴァプールを1-1の末にPK戦5-4で下して見事優勝を達成した。

シメオネ監督は、バイエルン、リヴァプール、ナポリが参加した今大会において「彼らのレベルに相応しい形で競い合えるように」準備を進めていたと明かし、次のように続けた。

「ファンタスティックなトーナメントを行えた。この大会に参加すると決まった時から、我々は大きな誇りを感じていた」

「アトレティコは正しい2試合を行ったと思う。まだ改善の余地はあるけれどね。楽観的なスピリットを持ち、コレクティブに機能するためグループの力を強めること。それが我々にアウディ杯のトロフィーをもたらしてくれたんだ」

一方、カルロ・アンチェロッティ監督率いるバイエルンはアウディ杯で2連敗。今年のプレシーズンで5敗を喫しているバイエルンだが、シメオネ監督は心配無用だと話している。

「疑念など、私にはまったくないね。カルロは、これまで率いた全チームで素晴らしい仕事をしてきた。彼の仕事は信頼できる。そしてバイエルンには、ポテンシャルを秘めた選手が揃っている」

GOAL

最終更新:8/4(金) 15:29
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合